ガジェット

MacBook ユーザーおすすめ 最強のUBS-Cマルチハブ

Appleという会社は過去にも数々の英断を行ってきました。

例えば、2012年には光学ドライブを排除したMacBook Proを発売し、2016年にはiPhoneのイヤホンジャックを廃止。

そして同じく2016年にはMacBook Proに搭載されている拡張端子はUSB-Cのみとなってしまいました。

Mac Book Pro USB-C

2016年当時は対岸の火事でしたが、筆者も新しいMacBook Proに買い替えた今、USB-A機器って意外にまだ使うことがあったりして、USB-C端子のみしかついていないって地味に不便な時があるんですよね。

そんなわけで拡張性を高めるべく、筆者はSATECHIのUSB-Cマルチハブを購入しました。

本記事において、Mac Book Proユーザーに大人気のSATECHIのUSB-Cマルチハブについて書いていきます。

USB-Cハブのタイプ

USB-Cのマルチハブには大きく分けて以下の2つの種類があります。

USB-Cハブの種類

  • 一体型タイプ
  • ケーブルタイプ

SATECHIからは両方のタイプのマルチハブが発売されています。

一体型タイプ

一体型タイプ(Satechi HPより)

このタイプの魅力はなんと言ってもMacと接続時の一体感です。カラーやデザインの一体感もあり純正品のような印象をもたらします。

ただ一体となって接続されているため、HDMIケーブルを刺した際にはケーブルの重さで接続が不安定になる場合があったり、ハブをぶつけてしまって接続しているUSB-C端子が損傷を受けるような場合は、Mac側のUSB-C端子にも影響が出る場合があります。

ケーブルタイプ

ケーブルタイプ(Satechi HPより)

こちらのタイプはケーブルでMacと接続するタイプで、私はこちらのタイプをおすすめしています。

一体型タイプに比べると一体感は小さくなりますが、デザインやカラー、質感などは一体型と同じくMacと非常によく合います。

外観・デザインとポートの種類

デザイン

アルミニウムを纏ったデザインのためMac Bookの筐体に非常によくマッチします。

それだけでもMac Bookをお持ちの方であれば買う価値があるでしょう。

Mac Book ProとSatechi USB-Cハブ

私はスペースグレイのMac Bookを持っているのでハブの色もスペースグレイを選びましたが、その他、シルバーはもちろんのことMac Book Airをお持ちの方には嬉しいゴールドのカラーもあります。

サイズ・重さ

手のひらにすっぽり収まるサイズで、カバンにもスポッと入れられ持ち運びにも便利です。

サイズをメジャーで測定してみました。

ケーブルを含まない本体のみのサイズは、5cm x 10.5cm x 1.6cmです。

USB-Cの先端までケーブル含めたサイズでは、5cm x 26cm x 1.6cmです。(実測なので多少の誤差はご容赦を)

また重さも測ってみたところ、77gです。

ポートの種類

搭載しているポートは以下の通りです。

  • HDMI x 1 (最大4K 30p)
  • USB-Aポート x 3 (最大5Gbps)
  • GIGABIT イーサネット x 1 (10/100/1000Mbps対応)
  • USB-Cポート x 1 (パススルー充電 最大60W)
  • Micro/SDカードリーダー

Belkinからも同様のハブが発売されていますが、仕様を比較すると下の通りとなります。

Satechi V2 マルチUSBハブType-C Belkin ハブ ドッキングステーション
接続 USB-C  USB-C
パススルー充電 最大60W 最大60W
イーサネットポート 1Gbps対応  1Gbps対応
USB-A 3.0ポート 3ポート (最大5Gbps) 2ポート (最大5Gbps)
USB-Cポート 1ポート 1ポート
Micro/SDカードスロット Micro/SDカード両対応 SDカードのみ
4K HDMI  4K 30p 4K30p
サイズ(縦 x 横 x 高さ)  5cm x 10.5cm x 1.6cm 5.3cm x 12.3cm x 1.6cm

Belkinとはほぼ同じような仕様に見えますが、細かく見るとBelkinはUSB-Aポートの数が1つ少なかったり、MicroSDカードに非対応だったりします。

MicroSDカードってGoproやAndroidスマホなどで意外にまだまだ使うんですよね。

使用レビュー

気になる使用感としては、今のところ大満足です。

Mac Bookにマッチするデザインや質感はもちろんのこと、外部モニター(HDMI)やオーディオインターフェースやUSBメモリ(USB-A)、Micro/SDカードリーダー、あとは無線LANの調子が悪い時にLANケーブルと1台でマルチに大活躍してくれています。

Amazonのレビューには発熱の問題が指摘されていましたが、私が使っている環境では、ほんのり温かくはなりますが、問題となるような熱を持つようなことは今のところないですね。

 

まとめ

MacBookユーザーに特におすすめのSatechiのUSB-C マルチハブをご紹介しました。

純正品かと間違うほどのデザイン性やコンパクトで持ち運びに便利なのに、これ1台で何役もこなす非常に優秀なマルチハブです。

他のメーカーからもいろいろとマルチハブが発売されていますし、Satechiのマルチハブは値段が多少張りますが、私は買うならこのマルチハブ一択と思います。

マルチハブ購入で迷われている方のご参考になれば幸いです。

-ガジェット

© 2022 山の手カオスモス